メニュー

妻の不倫の見抜き方
浮気調査は東京の探偵 R&I

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

妻の浮気調査を考えている

妻の不倫を疑っている夫のための記事


女の浮気を見破る!簡単に妻の不倫を見抜くコツと対処法

・男と女の浮気の特徴と違い
・妻の浮気を見抜くための兆候チェックリスト
・女が浮気に走ってしまう5つの原因
・妻の浮気が発覚した時の夫の対処法

>>このページを読む


浮気妻を許せない!許したい、、、離婚に迷う夫のためのページ

・浮気妻との離婚を決意する前にやるべきことは?
・妻の浮気が原因で離婚した場合のリスク
・不倫を許す場合、別れなかった場合の心得
・離婚の決意をしたら、次に夫がやるべきことは?
・妻の浮気調査は必要か?

>>このページを読む


不倫にはまる男・女の特徴や対策を考えましょう

・不倫とは?浮気との違い
・はまってしまう不倫の魅力は?
・不倫にはまる人のリスク
・夫や妻の浮気を簡単に見抜く方法
・旦那や妻が本当に不倫していたら?

>>このページを読む


キス1回でも不貞行為になるのか?慰謝料の相場や時効などの基礎知識

・不倫、浮気と不貞行為の違い
・不貞行為とは認められないパターンの事例
・不貞行為を立証するための有力な証拠はどんなもの?
・慰謝料の相場はいくらくらい?
・慰謝料を請求する場合の時効は?
・何よりも大切なこと

>>このページを読む


「夫や妻の不倫の証拠」探偵の浮気調査は必要か?

・証拠についての基礎知識
・浮気と不貞行為の違いは?
・不貞の証拠を押さえておく4つのメリット
・慰謝料請求や離婚理由として有利になる不貞行為の証拠とは?

>>このページを読む


浮気相手のことが知りたい・・・夫や妻の不倫相手の調査

・旦那や妻と別れるように交渉したい、会って話したい
・精神的な苦痛を被った代償として、慰謝料を請求したい

あなたは、夫や妻の裏切りに気が付いてしまいました。
不倫の事実を知ってしまいました。
辛い悲しみ、苦しみ、憎しみとともに、不倫相手の事が知りたい・・・身元を確認したい、顔が見てみたい・・・と思うのはごく自然な心理です。

>>このページを読む


夫や妻の浮気が発覚!慰謝料請求したい!不倫相手に慰謝料したい!

・浮気をしていた夫や妻のことが許せない!
・慰謝料をとって離婚してすっきりしたい!
・子供が小さいのでまだ離婚できないけど、慰謝料はとりたい!
・不倫相手に慰謝料したい!
・ダブル不倫されてた!慰謝料請求はどうしたらいい?

浮気されたままでは許せない、慰謝料はきっちり払ってもらわないと気が治まらない、そんなあなたに読んでいただきたい「慰謝料請求のポイント」記事です。

>>このページを読む


あなたが離婚を考える前に読んでいただきたい記事の紹介

・旦那がまさかの浮気!離婚を決意する前に妻がすべきこと
・浮気妻を許せない!許したい、、、離婚に迷う夫のためのページ
・自分の離婚のケースに最適な方法を選ぶ! メリット・デメリット
・協議離婚するときに 失敗した!と後から後悔しないためにすべきこと
・離婚調停から離婚裁判までの手続き方法と手順
・離婚に伴なう権利や問題点、あなたの権利を確認しましょう

>>このページを読む


夫や妻の不貞行為を立証するための証拠パターン

・妻や旦那の不貞行為を暴きたい!
・反省させ、謝らせたい!
・立証できる証拠をつかんで有利に離婚したい!
・不貞行為を立証するための証拠
・復縁あるいは慰謝料請求・離婚に役立つ不貞の証拠のパターン

>>このページを読む


なぜあなたの妻は浮気に走ってしまうのでしょうか?

単に、毎日繰り返される日常から刺激を求めてという可能性もあります。

しかし、基本的には自分のことを理解してくれる人、気持ちの通じ合う人を求めて不倫が始まります。

男性・・・相手の女性に性的な魅力を感じた時
女性・・・相手に心理的な魅力を感じた時

つまり、男性と女性では、女性の方がその相手と深みにハマる可能性が高い事を意味します。

また、浮気相手の男性に魅力を感じている分、接触する回数が多くなれば 、当然のように親近感が増し感情も強まるため、早期に歯止めをかけなければなりません。


女性、妻の浮気は本気となります。
遊びではありません。
所詮は遊び…と考えるべきではありません。

発覚時期について

女性の方が、何かを見抜く、したたかに隠す、嘘をつく能力が 男性側より優れているという点から、男性が妻の浮気に気づくのは大変遅く、既に手遅れというケースが多く見受けられます。

弊社で依頼いただく案件においても、「妻の浮気」が発覚したときには、既に1~2年も経っていた、という事が多く、「本気」となっているのです。

妻の浮気の事実を知ったあなたは、どこまで証拠を揃えるべきか?

調査の結果、あなたのパートナーが浮気をしていることが確定的となった場合には・・・どの程度までの証拠を用意するのがあなたの目的に沿うのか考えてみましょう。

ここでいうところの程度とは、あなたが目的とする落としどころであり、手に入れるべき事実の情報量でもあります。
例として、以下に最終的な目的とそれに対する適切な証拠を列挙してみますので、参考にしてください。

事実確認だけできれば良い
妻が浮気をしている現場は確認するが、撮影はしてもしなくてもどちらでも良い
相手の住所など、個人の特定に繋がる情報までは調べない

離婚はするけど慰謝料はいらない
浮気の証拠として写真や動画を撮影する
相手については特に深く調査しない

離婚はしないけど、相手に慰謝料の請求をしたい
現場を撮影して証拠を確保する
相手が誰なのか分かるよう、住所など個人の特定する

離婚するし、慰謝料も請求します
浮気現場を確実に撮影して証拠に使う
相手について個人の特定も行う

目的によって、浮気の現場を撮影するかどうか相手の人物特定に役立つ情報を得るかどうかの2項目が焦点となります。

妻に対する事実確認をするだけで良いのか?
慰謝料請求や離婚のための浮気の証拠を入手するのか?
相手の特定、情報を得るための調査まで行うのか?

目的や予算によって、どこまでの情報を入手すべきなのかをきちんと考えましょう。

当社では、浮気の証拠の収集方法、慰謝料請求のための相談やアドバイスを無料で行っております。
先ずは、一度ご連絡ください。



緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!!!  
ご相談はこちらから
↓↓↓