メニュー

浮気調査専門 探偵 アール・アンド・アイロゴ

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

浮気調査の料金相場は?
プランによって費用はどう変わる?

2019.9.2

・探偵業者によって浮気調査の料金がバラバラで、相場がよくわからない、

・色々な料金プラン、自分に合っているのはどれだろう?

・値段が高い探偵、大手の興信所の方が安心?

・あとから追加費用として、いくら請求されるか怖い、

こんな疑問や不安を一つずつ解決していきましょう。

浮気調査の料金の相場は?探偵に支払う費用抑えたい


ここでは、東京都調査業協会のアンケート結果を参考に浮気調査にかかる主な内訳と、料金相場をプラン別に分かりやすく解説しています。


「目次」

料金の相場からかけ離れた「低料金」「低価格」「格安」のトリック

探偵が行う浮気調査の人件費の料金相場は?

浮気調査の費用、主な内訳

料金プラン別に見る、浮気調査の相場とメリット&デメリット

・時間制、人員型料金プラン
・パック制(定額制)料金プラン
・成功報酬制型料金プラン


料金の相場からかけ離れた「低料金」「低価格」「格安」のトリック

インターネットで調べると、「低料金」「低価格」「格安」を売りにしている探偵が多数存在しますが、注意が必要です。

パッと見は激安価格かもしれませんが、
・実は調査員1名の人件費だったり(通常、行動調査は2名が相場です)

・全くの素人やアルバイトを使っていたり、

・後から高額な人件費の水増し請求が来たり、

このようなトラブルに巻き込まれてしまったという相談も少なくありません。

探偵浮気調査の費用、低料金、低価格、格安のトリック


もちろん、
「高額な費用を払えば絶対に良い結果を得ることができる」

「安かろう、悪かろう」という訳ではありませんが、きちんと結果を出すためには、プロフェッショナルな調査員を動員する必要があり、それなりの人件費はかかるということです。

「低料金」「低価格」「格安」のトリックに騙されないためにも、ある程度の相場や適正価格の把握はご依頼者側でも必要になります。


探偵が行う浮気調査の人件費の料金相場は?

浮気調査を探偵に依頼すると、費用は全部でいったいいくらかかるのでしょうか?

「浮気調査+相場」で検索すると、沢山の情報が溢れていて、どれが本当なの?
実際のところ、費用はいくら位かかるのか?
疑問に感じると思います。

浮気調査の費用相場はいくら?


浮気調査にかかる費用相場の大半を占めるのは「人件費」で、基本的には、

  • 1日に何時間調査するのか

  • 1日のピンポイントで済むのか、数日間にわたるのか

  • 調査員の人数

これらによって見積もり金額が算出されます。

この3つが多くなれば費用は高くなり、少なければ安く済みます。

妻や夫の浮気調査を行う頻度、どこまで証拠を押さえたいのか、依頼者側の持っている情報量などによって総額は10万~100万とピンきりになります。

浮気調査がスムーズに行われ、得たい証拠を短期間で獲得しできれば安く済み、証拠の取得に時間がかかれば、時間と共に費用が増えていきます。

当社も加盟しています、「東京都調査業協会のアンケート結果」を見てみましょう。


【参考サイト】
東京都調査業協会|行動調査の料金に関するアンケート結果


探偵による妻や旦那の1日の浮気調査の料金相場


行動調査(尾行・張り込み)の人件費の平均相場は、1.5万~2.5万(1時間、調査員2名、諸経費別) となっていますので、これを適正価格・料金相場の大まかな目安とすると良いでしょう。


車両費(車輌・バイク)の相場

1日1台あたりの費用
無料・・・36%
1.0万円以上~1.5万円未満・・・24%
1.5万円以上~2.0万円未満・・・16%

車両費を無料と回答した探偵業者の時間あたりの調査料金

2.0万円以上~2.5万円未満・・・50%
1.5万円以上~2.0万円未満・・・30%

となっています。

1時間あたり、人員2名の調査料金が2万円を越えていると車両費は頂かないが、
1.5万円前後から2万円未満だと車両費として1日1台について1万円から1.5万円程度の費用を頂いているケースが多いといという結果になっています。


浮気調査の費用、主な内訳

浮気調査の費用についての内訳についてですが、基本的には次のような内容で構成されています。

(東京都調査業協会のホームページより)

探偵による夫や妻の1日の浮気調査の費用相場と内訳


調査料金

  • 着手金

  • 人件費(タイムチャージ・日当・出張手当)

  • 深夜早朝割り増し・危険手当

成功報酬金

  • 結果の程度に応じて支払われる成功時の報酬金

経費(実費)

  • 交通費

  • 宿泊費

  • 車両費(燃料費・高速代)

  • 通信費

  • 器材費

  • 印刷費

  • 対象店出入り費用

  • その他情報入手にかかる費用など

手数料

  • 報告書作成費など


探偵とのトラブルを避けるために

妻や夫の浮気調査、費用で探偵トラブルを避ける方法


浮気調査の費用構成は、それぞれの探偵業者や料金プランによって異なります。

疑問に思うことは相談時に納得いくまで質問し、依頼する前にはクリアにしておきましょう。


料金プラン別に見る、浮気調査の相場とメリット&デメリット

同じ浮気調査を依頼する場合でも、料金プランによって費用の総額がかなり変動します。

そこで、ここからは、浮気調査の料金相場をより正確な金額で知るために、それぞれのプラン別にみていきましょう。


時間制、人員型料金プラン

探偵の浮気調査費用:時間制人員型料金プランの相場


このプランの1日の料金相場は、
1時間あたりの調査員の単価×調査時間×人数+諸経費で算出されます。

多くの探偵や興信所が採用している料金プランで、依頼主との話し合いの中で、時間数や人員数を自由に変更することができます。


1日の浮気調査:時間制、人員型プランの料金相場

浮気調査を行う1日の平均時間は、7割以上がスタートから終了まで4~6時間となっています。

「探偵が行う浮気調査の人件費の料金相場は?」で解説したように、調査員2名→1.5万円~2.5万円として5時間で計算してみるとどうなるでしょうか。

1.5万円(調査員2名)×5時間=7.5万円
2.5万円(調査員2名)×5時間=12.5万円

これら人件費に経費が別途で加算されます。

ここまでをまとめると、多少の超過時間も見込んで、
トータル平均でおおよそ1日の浮気調査の料金の相場は10万円から15万円程度ということになります。

1日10~15万円という費用は決して安くはありませんが、適正な金額の範囲内と言えます。


時間制、人員型プランで注意すること

1日の最低調査時間を3~8時間に設定しているところがある。

人件費の他に経費が請求されることが多いので、諸経費の内容を確認しておく。

探偵浮気調査の時間制料金相場のメリットデメリット


メリット

浮気調査の費用の総額が分かりやすい、計算しやすい。

調査時間、調査員の人数を自由に変更できる。


デメリット

人員と調査時間が増えると総額が高くなりやすいので、契約前の打ち合わせ段階で、必要な時間数や人員数を探偵業者と決めておきましょう。


【参考情報】
できるだけ少ない日数で浮気調査を成功させる方法



パック制(定額制)料金プラン

探偵の浮気調査の費用:パック制、定額制料金の相場


このプランは、一定額以上の費用が発生しないのが特徴で、探偵側が用意する料金プランの中から、自分の浮気調査に適したプランを選ぶことができます。

設定されている時間を消化してしまっても欲しい結果を得ることができなかった場合には、それ以降は延長料で対応してくれる探偵がほとんどです。


浮気調査:パック制(定額制)プランの料金相場

10時間、15時間、30時間など、あらかじめ決められた調査時間や人員の数の違いなどで、設定されているパック料金なので、相場も大きく異なります。

1案件につき浮気調査の料金相場は、20万円~100万円


パック制(定額制)プランで注意すること

1日の最低調査時間を3~8時間に設定しているところがある。

いつまでに消化しなければならない、という有効期限を設けている場合がほとんど。

調査員が何名分の金額なのかが明確でない場合がある。

経費が別途請求されることがあるので、経費も含まれているのか確認しておく。

探偵浮気調査の定額制料金費用のメリットデメリット


メリット

一定額以上の費用が発生しない。

有効期限内であれば、依頼主が希望した日に浮気調査を行うことができる。


デメリット

購入した時間すべてを使い切る前に、証拠が取れてしまってもキャンセルできない(返金されない)ことが多い。

パックプランで浮気調査を依頼する前に、途中キャンセルと返金制度についての確認はかならずしておきましょう。



成功報酬制型料金プラン

探偵の浮気調査の費用:成功報酬型料金の相場


このプランの料金相場は、
着手金+成功報酬+諸経費で構成されています。

着手金は調査が成功しても、失敗しても支払う費用で、この中に経費が含まれている場合もあります。

中には「完全成功報酬制」という制度を設けいている探偵もおり、こちらは着手金はなく、浮気調査が成功すれば、成功報酬と経費を支払う、失敗すれば「0円」ということになります。(経費は発生)


【参考サイト】
東京都調査業協会|《探偵ニュース》探偵が思う調査失敗と依頼人が思う調査失敗の違い


浮気調査:成功報酬制型プランの料金相場

1回の証拠獲得の料金相場

着手金:10~20万円
成功報酬:20~45万円


成功報酬制型プランで注意すること

成功報酬型の場合「浮気調査を失敗したら、成功報酬を支払わなくていい」という大きなメリットがあり、魅力的に感じ、安易に浮気調査を依頼してしまう方がいますが注意が必要です。

実際に、探偵と、ご依頼主の「成功」の意味の受け取り方の違いによるトラブルが多発しています。

探偵に成功報酬で浮気調査費用を払うときの注意点


・「浮気は認められなかった」との報告で、「浮気調査は成功です!」と成功報酬金を全額とられた。

→実際はまともな調査を行っていない。
→経過写真ばかりで言いくるめられてしまった。

・証拠にならないような写真や映像での報告をされて、成功報酬をとられてしまった。

・成功報酬で着手金を払って、浮気調査を依頼した。

→いつまでたっても「まだ調査中です」と言われ、報告してもらえない。
→着手金は返金されず、さらにキャンセル料が発生すると言われてしまった。

このように、「成功報酬制度」で依頼される際には、「何が成功なのか」を探偵と話し合い、契約を交わすことが重要となります。


【関連情報】
絶対に浮気調査を失敗したくない方へ!優良探偵の選び方

探偵浮気調査の成功報酬制料金のメリットデメリット


メリット

成功報酬型で依頼するメリットを、あえて上げるならば、浮気の確証があり、確実に密会をするとわかっている日に浮気調査を実施すれば、成功する可能性がある。


デメリット

着手金が他の料金プランと比べてもそれほど変わらない場合もあり、着手金+成功報酬で、浮気調査の費用の総額が他のプランや相場より割高になる場合がある。

調査が「成功」しなければ報酬が発生しない、というこの料金制度は、非常に分かりやすく、魅力的な印象を受けてしまいがちですが、「成功」とは何を意味するのか、そして、成功しない場合は確実に報酬が発生しないのかをしっかりと確認しておくことが大切です。


「浮気調査の料金の相場は?プランによって費用はどう変わる?」のページをご覧いただきましてありがとうございました。


あわせて読まれている関連記事

ここまでできる!探偵が行う浮気調査の具体的な内容は?

探偵に浮気調査を依頼する時のメリットVSデメリット

証拠がない!不倫を認めない夫や妻、探偵の浮気調査は必要か?

キス1回でも不貞行為になる?不倫の慰謝料「相場や時効」などを解説


浮気調査探偵無料相談|即日、緊急対応可能

・本当の事が知りたい
・家族関係を修復させたい 
・慰謝料を請求したい 
・有利な条件で離婚したい
・とにかく話を聞いてほしい 

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!