メニュー

浮気調査専門 探偵 アール・アンド・アイロゴ

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

夫や妻の不貞行為を立証するための証拠パターン

2018.1.25

妻や旦那の不貞行為を暴きたい!
反省させ、謝らせたい!
立証できる証拠をつかんで有利に離婚したい!

妻や旦那の不倫に悩み、今すぐにでも離婚したい!と、決意している方、
夫婦関係を改め、再構築したいと考えている方、

どんな証拠を集めれば、あなたに有利になるのでしょうか?

夫婦の再構築を選んだとしても、離婚を選んだとしても後々後悔しないように、そしてあなたのこれからの人生にお役立てできる様に、不貞行為の証拠についてまとめました。

不貞行為を立証する浮気調査|復縁や慰謝料請求・離婚



「目次」

不貞行為を立証するための証拠
復縁あるいは慰謝料請求・離婚に役立つ不貞の証拠のパターン
私達ができること、あなたをサポートいたします。


不貞行為を立証するための証拠

民法770条において「不貞行為」は、
「その意思にもとづいて配偶者以外の者と肉体関係をもつ場合をさす」と定義されています。

そのため、男女の肉体関係未満は、裁判上の離婚原因では「不貞行為」とは認められません。
また、1回限りの肉体関係は、裁判上の離婚では、「不貞行為」とは認められません。

慰謝料請求の場や離婚裁判上、離婚原因として認められる「不貞行為」とは、
ある程度の継続性のある肉体関係を伴う男女の関係を指す」もので、
「1回限りの不貞行為」は、離婚原因とは認められないのが現状です。

離婚の原因が「不貞行為」にあたるか否かで、慰謝料や財産分与の金額に大きく差が出る場合があります。

  • 不貞行為の証拠として、最も確実なのは、ラブホテルの「出入り」の 写真や映像です。

  • シティーホテルなどの場合は、部屋に2人で入り、2~3時間いたことの証明が必要です。

  • また、相手の家へ行っている場合は、定期的・継続的に通っていて、数時間そこに滞在していることの証明がなければ、不貞行為証拠とすることは難しいでしょう。

上記により、離婚協議の場や調停・裁判、慰謝料請求の場では、内容によりますが以下のようなものだけでは、「不貞の証拠」としては 通用しない事が多く、状況証拠とされてしまう場合がほとんどです。

  • 2人で食事をしている、遊びに行った等の領収書、チケット類

  • 2人で写っているだけの写真・スマホや携帯電話のメール・電子メールをプリントしたり、写真に撮ったもの

  • 盗聴テープ (証拠類は合法的に確保されたものであることが必要なため、通常は裁判所への提出はされません)

しかし、これらの証拠をきっかけに、相手が「不貞の事実を積極的に認め、慰謝料を支払って早く離婚したい」と主張し、不貞の事実に関して争いがない場合には、十分な証拠となります。


復縁や離婚、慰謝料請求に役立つ不貞の証拠のパターン

浮気をされた、もしくは、してしまったが、復縁したい
すでに離婚してしまったが、もう一度やり直してみたい
復縁をせがまれているが、どうしても離婚したい

夫婦間、男女間の浮気を話し合いで解決する場合

夫婦(男女)間の浮気による、「別れ・離婚・復縁」についての話し合いの場においては、相手が認める(認めざるを得ない)もの(例えば領収書、メールなど)があれば、それらが状況証拠となります。

しかし、相手が嘘をついて逃げる場合、状況証拠だけで認めさせることは難しくなります。
そうなると、「別れ・離婚・復縁」の際に、相手を認めさせる「確たる浮気の証拠」が必要になります。

離婚するにしても、復縁するにしても、「証拠能力の高い、確たる証拠」を持っていれば、それがあなたの安心感と支えになることは間違いありません。

「確たる証拠」を突きつけられて、復縁するか、離婚決別するかは当人同士の話し合い次第です。

慰謝料請求や離婚を考える場合

慰謝料請求、協議離婚・調停・裁判等の場においての「不貞な行為を立証する証拠」とは、
「配偶者以外の異性との肉体関係の証拠」です。

何度も言いますが、
最も確実なのは、ラブホテルの「出入り」の写真や映像です。

  • シティーホテルなどの場合は、部屋に2人で入り、2~3時間いたことの証明が必要です。

  • また、相手の家へ行っている場合は、定期的・継続的に通っていて、数時間そこに滞在していることの証明がなければ、不貞行為証拠とすることは難しいでしょう。

いずれにしろ、「たまたま行った、会っただけではない事」の証明が必要なのです。

不貞行為により慰謝料請求や離婚裁判を提訴する際は、原告側(訴訟を提訴した側)が理由となる原因の事実 (不貞の事実、悪意の遺棄等)を証明する必要があります。

復縁を望んでいる場合

不貞行為をやめさせて、気持ちを改めてもらい、復縁したい。
気持ちが離れてしまっている妻・夫と、夫婦関係を再構築して復縁したい。

不倫に夢中になっている夫や妻に、証拠もなく疑いのみでとがめたところで、相手は素直に認め、あなたの要求を丸呑みすることは決してありません。

不貞行為の証拠をしっかりとつかみ、それを元に話合いましょう。

このような場合、共に過ごした夫婦年数が長くても短くても、今後、どのように向き合っていくべきかを、「必ず、きちんと」考えて、復縁についての行動に移すようにしましょう。

夫や妻の不貞行為を目の当たりにすることは本当に辛く悲しいことです。

しかし、今までの自分を振り返り、よく分析して改める良いきっかけになっるのかもしません。

復縁を真剣に考えているのでしたら、まずは自分自身を知り、自分自身が変わる必要性を感じて、落ち度や反省点に気付き、改めることから始めます。

夫婦生活を続けていくことは、常に努力を継続することなのです。


私達ができること、あなたをサポートいたします。

あなたが夫婦関係の再構築を望む場合でも、不貞行為を立証し、離婚を望む場合でも、慰謝料請求をする場合にも、夫や妻の不貞行為の「言い逃れできない確たる証拠」をつかんでおくとよいでしょう。

離婚話を持ち出したとたん、警戒して不貞相手としばらく会わない、というパターンも考えられるので、言い逃れできない不貞行為の証拠を押さえておく。

これがあれば、あなたが有利に慰謝料請求や離婚を進めることができるだけではなく、あなたの精神的な支えになることは間違いありません。

確実に決定的な証拠をつかみたい!という方は弊社までご相談ください。
調査の依頼をした方が良いかどうか、という疑問や費用に関する不安な点などもお気軽に問い合わせください。

これからのあなたの人生がより素晴らしいものになるように、応援させていただきます!

浮気調査の報告書を各種裁判証拠、訴訟反証資料としてご利用の方、弁護士への相談が必要な方は、遠慮なくお申し出下さい。
また、不貞行為に対する慰謝料請求の金額や相場についてもご相談下さい。


浮気調査探偵無料相談|即日、緊急対応可能

・本当の事が知りたい
・家族関係を修復させたい 
・慰謝料を請求したい 
・有利な条件で離婚したい
・とにかく話を聞いてほしい 

もしもお悩みでしたら、無料相談をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
浮気調査はお任せください!